2014年07月06日

第11回大分県テニストーナメント

45才以上のダブルスに出場しました。1回戦は珍しく初めて対戦するペアでした。先に相手のサービスをブレイクし3ー0リードの理想的な出だしでしたが追いつかれて4ー4に。7ー6リードで迎えた相手のサービスをなんとかブレイクして8ー6で勝ちました。打ってくるのとロブを上手く使ってこられ、ばたつきました。
準決勝の相手は第1シード、過去にも何度か対戦しています。この試合も相手の調子が出ないまま7ー1リード。しかしあと1ゲームがなかなか取れず相手も思いっきりよくなってきました。油断しないようにペアとも話していたのですが数回のマッチポイントも流れは相手チームに。なんと7ー8リードされてしまいました。次の相手のサービスはなんとかブレイクしてタイブレイクに。ファーストポイント、自分がスマッシュをミスしてスタート。悪い流れのまま0ー5に。しかしここから5ー5に追いつきました。あとはマッチポイントが行ったり来たり。14ー12で辛勝しました。
決勝は若いペアにがんがん打たれ、1ー6,2ー6で負け。でも納得の準優勝でした。9352CD44-9191-4150-8080-B0244FBD934F.jpg


posted by 院長ブログ at 17:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。